aeall00

1.韓国コスメブランド・Aestura(エストラ)とはae-start

 

「Aestura(エストラ)」は、「ETUDE(エチュード)」、「Innisfree(イニスフリー)」などを運営している「アモーレパシフィック」のメディカルビューティー専門のコスメティックブランドです。
Aesturaの製品はブランド設立当初、 肌への刺激が少ない製品として韓国のクリニック専用で使用・販売していました。
しかし現在では韓国を代表するドラッグストア〈オリーブヤング〉などコスメショップでも見かけるようになり、一般消費者でも手に取りやすくなった人気ブランドの一つです。

2.Aesturaの「アトバリア365」ラインとはaeall00

Aesturaには肌のタイプ別に様々な製品ラインがありますが、今回はその中でも保湿に重点を置いた「アトバリア365」ラインの一部製品をご紹介させていただきます。

【アトバリア365ラインの商品ラインアップ】 ※一部
・アトバリア365 ピーリングジェル
・アトバリア365 クリームミスト
・アトバリア365 ハイドロエッセンス
・アトバリア365 ローション(乳液)
・アトバリア365 クリーム
・アトバリア365 ボディクリーム

肌への負担が少ないデイリーケア用のアトバリア365ラインは、アモーレパシフィックとAesturaが共同開発した特許成分である「ダーマオン(DermaON®)」が使用されています。
ダーマオンとは肌の脂質に似た成分でできている保湿構造体なので、これを使うことでうるおいを保つ成分のセラミドがより深く角質層へ浸透します。
アトバリア365ラインは名前に「バリア」が入っているように肌のバリア機能をサポートします。

肌のバリア機能とはどんな機能か詳しく見てみましょう。

3.肌のバリア機能とは

皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織の三層に分かれており、三層の中で一番外側の表皮にある角質層は肌のバリア機能を担っています。
バリア機能とは、紫外線や雑菌、摩擦などの外部刺激から肌を守る機能をさします。
このバリア機能の役割を果たすため、肌には元々備わっている保湿成分が三つあります。

(1)三つの保湿成分

1)皮脂膜

角質層の表面にある、汗と皮脂が混ざり合ったものです。水分蒸発や乾燥を防ぐフタ のような役割をします。洗顔後、顔がつっぱっても少し時間が経過すれば元に戻るのは、この皮脂膜のおかげです。

2)天然保湿因子(NMF)

NMFは肌の水溶性のうるおい成分です。化粧水などから与えられた水分を蓄える役割を果たします。

3)細胞間脂質

細胞間脂質は、セラミド、コレステロール、脂肪酸などの脂質の総称で、約50%をセラミドが占めています。角質層内の水分を保持する機能を持っています。

肌のバリア機能が低下すると、肌がカサカサに乾燥しがちになります。また乾燥に対する皮膚の保護作用で、水分量は不足しているのに、皮脂が過剰に分泌し、肌表面がベタつく「インナードライ」の状態になってしまうこともあります。
乾燥や皮脂による酸化は、ターンオーバーへの乱れの原因になり、シワ、ニキビ、くすみなどの肌トラブルを起こしやすい状態になります。

このように肌のバリア機能は、肌トラブルが起きにくい健康的な肌に近づき、普段の化粧ノリが良くなることに繋がる大事なことです!
そんな肌のバリア機能をサポートしてくれるAesturaの「アトバリア365」ラインの商品を一つずつ確認してみます。

4.顔に使えるAesturaの「アトバリア365」ラインの主要5アイテム

※おすすめの使用順に紹介していきます

(1)アトバリア365 ピーリングジェル

 

a01

まずは角質ケアの商品から紹介いたします。敏感肌の方だと角質ケアには少し抵抗があるかもしれません。
しかし「アトバリア365ピーリングジェル」は天然の“セルロース”と呼ばれる植物繊維主成分で地球上で最も多く存在する炭水化物を使用する低刺激ピーリングジェルなので、敏感肌にもやさしい保湿ピーリングジェルです。

 

〈使用方法〉

a1234

① 肌の水気を拭き取ってから10円玉程度の量を手に乗せます。
② 手のひらで優しくマッサージするようにクルクルと伸ばしていきます。
③ ジェルがなじむとポロポロとしたカスが出てきます。
④ ぬるま湯で洗い流してこんな感じに!

週に1~2回程度を目安に使用するのが理想的です。
角質ケアの後は、3分以内に保湿ケアを行うようにしてください!

(2)アトバリア365 クリームミスト

a02

次は「アトバリア365 クリームミスト」。保湿成分であるセラミドが配合されているミストです。
一般的なミストは振ってから使用するものが多いですが、アトバリア365 クリームミストは振らずに 使用することができます。

 

細かい霧状に噴射されます。

ミストを振りかけた後の肌はこんな感じです。

mist02

軽く叩いてなじませた後はこんな感じです。

 

肌にうるおいが感じられ、名前のようにクリームを塗ったようなしっとり感が感じられ、高保湿ケアが必要な秋・冬にも簡単に保湿ケアができるアイテムです。
またトナー(化粧水)として使用することが可能なのでお手軽に化粧水がぬれちゃうのもいいポイントです◎

(3)アトバリア365 ハイドロエッセンス

a03

次はエッセンスです。「アトバリア365 ハイドロエッセンス」は30種類の保湿成分でできており、その成分は肌が本来もっている成分のためお肌に優しいといわれています!

essence01

essence02

乳液のようなミルキータイプのテクスチャーですが、スーとなじんでいくのが分かります!
ポンプ式なので量を調節しながら使えるのも便利です。

essence03

肌なじみが良く、ベタつきはないので、エッセンスの段階だけではなく洗顔直後のトナー(化粧水)として使用することが可能です。
動物性原料、ミネラルオイル(鉱物油)、ポリアクリルアミド、イミダゾリジニルウレア、TEA、合成着色料、シリコンオイル、香料、PEG界面活性剤が入っていないので刺激が少ないところもポイント高めです。

(4)アトバリア365 ローション(乳液)

a04

次は乳液(ローション)の「アトバリア365 ローション」
アトバリア365 ローションには、ミネラルオイル(鉱物油)、香料、イミダゾリジニルウレア、ポリアクリルアミド、合成着色料、TEA、PEG界面活性剤が使用されておらず、こちらもエッセンス同様にポンプ式なので片手でパッと使えて便利です。

lotion01

lotion02

肌のキメに沿って優し塗り広げ、軽くタッピングするように吸収させてください。テクスチャーはとても柔らかく、少量でもすごく伸びる、、、コスパ最強かもしれません。。。!

lotion-after

ローション自体がとても軽く、伸びがいいため、すぐ乾いてしまうか心配される方が多いかもしれません。
ただまアトバリア365 ローションには、 肌のうるおいを保ち、保湿力を高める成分が含まれているため使用後は肌の潤いがキープされているしっとり感が感じられます。

(5)アトバリア365 クリーム

a05

最後は「アトバリア365 クリーム」を紹介します。
エストラを代表するといってもおかしくない保湿ケアクリームです。
韓国マニアならみんなしてるあのオリーブヤングでも賞を獲得するほど人気なんです。
100時間の保湿力で有名なクリームを早速試していきたいと思います。

cream01

まず適量を肌にのせます。
テクスチャーはこっくりとしていて逆さにしても落ちないほど結構こっくりめのテクスチャーになっています。

cream02

クリームを広げると中につぶつぶの保湿成分カプセルが入っています!
カプセルをつぶすときの摩擦を気にしていましたがそんな心配は全く不要で、、
つぶさなくても肌に広げると保湿カプセルがとろっと溶けていくので、ツヤが広がっていくのがみてわかります。

cream03

こっくりとしたテクスチャーですがさっと体温で溶けて、いつの間にかじゅわっと広がり肌なじみがすごく早いです!

cream04

匂いもなく、塗り広げた直後はすこしペタペタとした感じがありますが、しばらくするとべたつきがなくなり、さらっとというより本当にしっとりとしてきます。
べたべたクリームが苦手な方はもちろん、脂性肌の担当者も気持ちよく使えちゃいます!

5.Aesturaの「アトバリア365」ラインのまとめ

最近韓国でも話題になっているブランドAesturaのアトバリア365ラインをご紹介させていただきました。

クリニック系ということに納得するくらい、アトバリア365ラインのアイテムはほぼ無臭に近く、香りのないものや弱いものを探している方におすすめです。
また乾燥肌の方はもちろん、べたべたを好まない脂性肌の方や敏感肌の方にもおすすめしたいシリーズとなっています。

今回は顔に使えるアイテムを中心にご紹介しましたが 、アトバリア365ラインの中にはボディーに使えるアイテムも取り揃えています。
気になる方はぜひチェックしてみてください。
またAesturaのアトバリア365ラインは、Sudiiオンラインショップや、東京・大阪の韓流百貨店各店で購入できます。

※当サイト内のすべてのコンテンツの無断転載・無断使用はご遠慮ください。